さまざまな
間仕切り方法のご紹介
<ce-fit(セフィット)「可動間仕切収納」>

  • TOP
  • さまざまな間仕切り方法のご紹介

CHOICE比較して分かった選ばれる理由

住宅の長寿命化が進む昨今、今ある広いワンルームを、後から間仕切る必要がでてくる可能性もありますね。
現状の問題解決だけでなく、将来の変化について考えてみることで、無駄のない間仕切り方法がきっと見つかりますよ。

ライフスタイルや暮らしの変化に合わせ手軽に動かせ、間取りを自在に変えられる。
収納家具でありながらも幅や高さが部屋のサイズぴったりで、
「壁+収納」の1 つで2 役の「可動間仕切収納」とその他の間仕切り方法を比較してみましょう。

  • 間仕切壁
  • 家具を並べる
  • カーテン
  • パーティション・パネル

可動間仕切収納 可動間仕切収納

ce-fit(セフィット)の可動間仕切収納ならミリ単位でサイズをオーダーでき、家具の幅・高さをお部屋ぴったりに合わせられるので便利。キャスターを使えば移動もラクで、必要に応じて部屋の仕切りを変更するのも簡単です。

可動間仕切収納

  • 間仕切壁
  • 家具を並べる
  • カーテン
  • パーティション・パネル

可動間仕切収納

OR

間仕切壁

可動間仕切収納と間仕切壁との比較

グラフを見る

文字で見る

間仕切壁 間仕切壁

プライバシーをしっかりと確保するため、しっかりと「間仕切り」たいという場合、最も一般的な方法です。光漏れの心配がなく、壁の厚みの分、音漏れも軽減されます。子供部屋 2 つを後から、ワンルームで広く使いたいなどと、ライフスタイルが変化した時には、壁を撤去する費用と壁紙や床などをリフォームする必要があり、工事費用もかかります。新築・リフォームの際は、子どもが巣立った後など、将来の使い方も想定して、間取りをきめることをおすすめします。

間仕切壁

グラフを見る

文字で見る

可動間仕切収納 可動間仕切収納

ce-fit(セフィット)の可動間仕切収納ならミリ単位でサイズをオーダーでき、家具の幅・高さをお部屋ぴったりに合わせられるので便利。キャスターを使えば移動もラクで、必要に応じて部屋の仕切りを変更するのも簡単です。

可動間仕切収納

  • 間仕切壁
  • 家具を並べる
  • カーテン
  • パーティション・パネル

可動間仕切収納

OR

家具を並べる

可動間仕切収納と家具との比較

グラフを見る

文字で見る

家具を並べる 家具を並べる

ワンルームを今ある家具に買い足して、タンス・収納ボックスなどを並べて、空間を簡易的に区切るという考えかたもありますが、家具の高さが違うなど、ちぐはぐな印象で生活感がですぎてしまう心配があります。家具をそろえて並べたとしても、天井さっぱいに収納を設けることは難しく、地震の際の転倒が心配されるため、壁などに固定できない位置での使用はできるだけ避けた方がよいでょう。つっぱり棒でそれぞれを固定できたとしても、すっきりとしない印象になりそうです。

家具を並べる

グラフを見る

文字で見る

可動間仕切収納 可動間仕切収納

ce-fit(セフィット)の可動間仕切収納ならミリ単位でサイズをオーダーでき、家具の幅・高さをお部屋ぴったりに合わせられるので便利。キャスターを使えば移動もラクで、必要に応じて部屋の仕切りを変更するのも簡単です。

可動間仕切収納

  • 間仕切壁
  • 家具を並べる
  • カーテン
  • パーティション・パネル

可動間仕切収納

OR

カーテン

可動間仕切収納と家具との比較

グラフを見る

文字で見る

カーテン カーテン

部屋が狭い、色味やテキスタイルをインテリアに取り入れたいなど、お部屋にカーテンレールや突っ張り棒にカーテンをかけて、「間仕切る」という方法もあります。比較的、安く手軽にスペースを分けることができますが、音・光・風などを仕切ることはできないため、プライバシーの確保が難しい方法です。カーテンレールを取り付ける際に、天井に穴を開けて固定する必要があるため、仕切る位置を変えることは簡単ではありません。

音や視線を遮れない

グラフを見る

文字で見る

可動間仕切収納 可動間仕切収納

ce-fit(セフィット)の可動間仕切収納ならミリ単位でサイズをオーダーでき、家具の幅・高さをお部屋ぴったりに合わせられるので便利。キャスターを使えば移動もラクで、必要に応じて部屋の仕切りを変更するのも簡単です。

可動間仕切収納

  • 間仕切壁
  • 家具を並べる
  • カーテン
  • パーティション・パネル

可動間仕切収納

OR

パーティション
・パネル

可動間仕切収納とパーティションとの比較

グラフを見る

文字で見る

パーティション・パネル パーティション
・パネル

もっとも手軽に空間を分割できるのは、据置型のパーティション・パネルでしょう。ただし、どれだけ大型のパネルを用意しても空間を完全に分割できるわけではありません。むしろ部屋の一画を作業用スペースにする、書斎コーナーにするといったような「緩やかな間仕切り」として活用するのが正解でしょう。開閉可能なので、気分次第で生活空間を自在にアレンジできる点は魅力です。

レールがあり収納がない

グラフを見る

文字で見る

今までの常識では、簡単に移動できるものは、プランバシーの確保ができない。
プライバシーの確保を重視すると、決めた場所から移動できない。
そんなジレンマを解決してくれるのが、セフィットの「可動間仕切収納」です。

間仕切りに関するよくある悩み

家を建てる際には想定していなかったものの、そこで暮らし始めたら部屋の使い勝手に不満が出てきた――ということはよくあります。「子どもの成長過程でどうしても部屋を分割したい」「来客が増えるようになってキッチンやダイニングをリビングから目隠ししたい」などはよくあるお悩みと言えるでしょう。ここでは、そんな間仕切りに関する典型的な悩みについて見ていきます。

間仕切り壁の設置費用、
高いんじゃない?

たとえば子どもたちが成長してそれぞれに個室を与える場合には、リフォームして間仕切り壁を設け、部屋を2分割するのが一般的です。このときに気になるのが、工事一式にかかる費用。小規模とはいえ、建物に手を入れるのである程度の出費を覚悟しなければならないと思われるかもしれません。しかし実際は、部屋の広さにもよりますが10万円程度で済むことが多いようです。

リフォームがこれ一度きりで終わりならよいのですが、将来的に子どもが独立し、部屋を再びつないで広い生活空間をつくろうとすると、そこでまた新たにリフォーム費用がかかります。固定の間仕切り壁は確かに空間を仕切る機能は高いものの、将来的な仕切り替えが容易ではなくなる点がどうしても気になります。

子ども部屋の間取りは
どのタイミングで変えるべき?

それなら……と、住宅を新築する際にあらかじめ1人専用の子ども部屋をつくっておけばいいと考える方も多いようです。確かにそうすれば、間仕切り壁を新たに設置するためのリフォーム費用を節約できるでしょう。しかし子育てを考えたとき、そこまで割り切れるものでしょうか?

一般的には、独立心が芽生える10歳頃までの子どもは家族やきょうだいとの絆を実感させるような育て方が理想と言われています。最初から個室を与えてしまうと、1人で過ごす孤独な時間が増えることにつながり、家族との心理的距離ができてしまうかもしれません。

それよりも、小さいうちはきょうだいで同じ部屋を使うほうが、精神的な成長にも良い影響が期待できます。そして小学校高学年になり、独立心が旺盛になったら、その部屋を間仕切りして個室を与えてあげましょう。こうした成長や変化に対応するなら、ce-fit(セフィット)の可動間仕切収納を使うのが効率的です。

来客用のスペースを
つくりたい

近頃の住宅はどこもリビングを中心に開放的なLDK空間が演出されています。それはそれで素晴らしいことですが、実際に住み始めてみると不満も出てきます。それを実感するのが来客時。リビングからキッチン、ダイニングまで“家の裏側”が丸見えになってしまう間取りで、恥ずかしい思いをしたという方も少なくないようです。

とくに不意の来客だった場合はなおさらです。食事時だったり、片付けが済んでいなかったりすると、来客に対してバツが悪いことこのうえなし。「リビングからの視線を効果的に遮る間仕切りがほしい」と思う瞬間でしょう。

ただ同時に、開放的な空間を固定壁などで小さくしてしまうのはもったいないことだとも言えます。時には上手に目隠しし、また時には間仕切りそのものを移動して空間を完全に開放したい――そんなニーズにピッタリなのが、可動間仕切収納です。

可動間仕切収納が選ばれる理由

リフォームによる間仕切壁、パーティションや家具のようにお手軽なものまで間仕切りにはさまざまなものがありますが、その中で今とくに支持を集めているのが可動間仕切収納です。

柔軟に間仕切りを変えることができる

柔軟に間仕切りを変えることができる

家は住み始めてわかることですが、そのままの間取り、空間設計で何年も何十年も快適に過ごせるわけではありません。なぜなら、そこに住む“人”や“家族”、“暮らし”は年々変化し続けるからです。

にもかかわらず、住まいや部屋は変化しません。細分化して部屋を増やしたり、逆に空間をつなげて広い部屋に戻したりしようとすれば、その都度大がかりなリフォームが必要となります。結果として、「住まいに不満を抱きながらそこで暮らし続ける」ということになりがちですが、空間を自在に、そして手軽に仕切り替えできる間仕切りがあれば、使いにくさを我慢する必要はありません。

シーンに合わせて移動することができる

シーンに合わせて移動することができる

単純に間仕切りとしての機能に注目すれば、固定壁が理想であることは間違いありません。音漏れや光漏れがなく、プライバシーもしっかり保たれるからです。しかし前述したように、暮らしや趣味・嗜好の変化に合わせて居住空間を再編成するのは大変な作業。リフォームによって壁を一度取り壊し、新たに壁を新設しなければなりません。

その点、可動間仕切収納なら文字通りキャスターで移動もラクラク。パーティションほどではないにしても、お部屋の頻繁な模様替えや仕切り替えにも十分対応できます。だからいろいろ試行錯誤して理想の空間づくりに近づけることも、季節や気分に合わせて部屋の間仕切りを替えることも可能。それでいて、いったん固定すれば天井まで隙間なく突っ張る構造のため、地震の揺れなどで倒れるリスクもなく安心です。

子どもの成長に合わせてレイアウトできる

子どもの成長に合わせてレイアウトできる

新築一戸建てを購入する多くの方は、子育て世代。そんな方々が共通して悩んでいるのが
「子ども部屋をどうするか」という問題です。最初は広い一室を用意してきょうだいの空間にし、成長に合わせて固定壁を設けて個室にするというのも手ですが、それでは将来、子どもが独立した際などにあらためて工事の手間・費用がかかります。かといって、パーティションやカーテンでは子どもにとって居心地が悪いでしょう。

可動間仕切収納なら後付けでも隙間なく固定でき、音漏れや光漏れの心配もありません。しかも、子どもが独立したら移動して壁側に配置すれば元の広い空間に簡単に戻せます。しっかり固定できるのに、いざとなれば簡単に移動できる。このフレキシブルな感覚は、可動間仕切収納ならではと言えるでしょう。